人材不足をどう乗り切るか

介護業界のニーズが高まりを見せる中、人材不足の話題がクローズアップされており、最大の関心事にもなっています。高齢化社会の進行という厳しい現実の中、日本を取り巻く環境は実に厳しくなっています。

医師や看護師、薬剤師などの医療従事者の人手不足については、既に国家レベルでの取り組みが必要なほど深刻になっています。厚生労働者では、今般の人手不足の事態を重く受けとめており、早急な対応が必要との見解を示しています。

同様に人手不足の動向が問題視されているのが、介護業界です。介護保険という言葉が定着を見せている昨今では、その制度への理解はだいぶ進んでいるといえますが、肝心な実態については、すべてのニーズにこたえているとは到底いえないような情勢が続いています。

介護現場を担う人材を育てるという取り組みは、徐々に整ってきていますが、担い手を探すことの難しさが露呈しています。介護士については、ただ単に腕力があればなれるものではありません。食事やトイレ、入浴などの日常生活の手助けはもとより、医師の指導のもと、服薬管理などをする場合もあるのです。利用者の生活にしっかり寄り添うサービスを行うのです。それだけきめ細かい仕事ができる人でなければ務まりません。

介護施設やケアハウス、老人ホームなどの数が、急激に増えている中、人材確保は急務になっています。人手不足の解消のために、有効活用しようしているのが、外国人やシニア世代です。厳しい現状を打破するには、ありとあらゆる力を使って乗り越えるしかないといえるでしょう。

Random Posts 最近のコメント

タグクラウド

人材不足 介護 動向 産業