Category: 介護

0

社会が求める人材


もうしばらくの間、日本は高齢者社会が続いていくことが予想されます。過去にベビーラッシュといった、出産率の高い時期が何度かありました。しかし今では出産率が減り、政府は出産率を上げるためにいろいろな政策を打ち出しています。しかし努力は実らず、なかなか結果には結び付いていない状況です。

もちろん、過去の日本の社会状況と今の日本の社会状況とでは大きな違いがあります。家族のあり方も変わってきました。男性が働き、女性が家事や育児に専念するといった昔の日本の家族の形から、今では男女ともに働くことが多くなり、家事や育児に第三者の手を借りることも一般的になってきました。以前は一部の人が利用していた家事などのサービスが、スーパーなどで販売されていることからも感じられます。

便利な世の中になった反面、とても忙しくゆとりが少ない時代になったのかもしれません。このような状況で、高齢化社会と切っても切れない問題として介護があります。時間にも心にもゆとりがなくなった現代では、各家庭で介護に専念することが難しいのです。そうした背景から、介護に関する事件や事故のニュースが途絶えることがありません。

これからも介護の需要は増えますし、働き手も必要になってきます。将来の仕事として考えた時に、介護関係の仕事はこれから需要が増えることがあっても、途絶えることはないでしょう。そして介護にかかる費用も、今後上がることが予想され、結果的に共働きの家庭も増えることでしょう。社会の仕組みや流れによって、働きやすい職場や職種など変動はありますが、介護や医療関係に関しては常に人手が必要であり、将来性のある仕事と捉えてよいでしょう。これから何かしらの資格取得を考えているのであれば、介護や医療関係に目を向けると上手くいくはずです。

Random Posts 最近のコメント

タグクラウド

人材不足 介護 動向 産業