0

介護業界の行く末


誰かのために働きたい、誰かの役に立つ仕事がしたいなどの理由から介護業界に興味を持っているという人もいることでしょう。しかし、長く仕事を続けるためには安定した職場環境が重要です。実際に職に就く前にその動向は気になるところかと思います。

結論からいえば、介護業界は今後ますます成長していくと考えられます。日本は少子高齢化社会が進んでいます。子どもの数が減り、高齢者の割合が年々増加傾向にあるのです。特に2025年前後には団塊世代と呼ばれる人々が高齢者の仲間入りを果たすため、高齢化の流れは止めることはできないでしょう。団塊世代とは、第一次ベビーブームという時代の流れのなかで生まれた世代のことをいいます。その人数は800万人以上といわれているのです。そんな団塊世代が仕事を退職し、高齢者となります。結果的に働き手が減少しますので人手不足に陥るでしょう。そのため、大幅な増員を余儀なくされることは容易に予想がつきます。

また、増員するためには賃金の問題が浮き彫りになります。介護の仕事は決して楽な仕事ではありません。人のために働くという強い気持ちを持ち続ける必要があります。いくら仕事があるといっても、低い収入で働きたいと考える人は少ないでしょう。多くの人員を確保するために、今以上に賃金が上昇する可能性は大いに考えられます。これらのことを加味しても、介護業界は今以上に安定し、賃金面においても今以上に満足できるものになる可能性を秘めています。将来の安定を考えるのであれば、早めから介護系の資格勉強を始めておくことをオススメします。介護のこれからについて詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

Random Posts 最近のコメント

タグクラウド

人材不足 介護 動向 産業